インドネシアのスイーツ事情!

6/27に開催させていただく「世界の料理教室&世界の料理パーティー ~インドネシアのキッチンから~」に向け、連日、インドネシアについて事前学習を進めています。

「フルーツ王国、インドネシア!」
    ↓
「インドネシアの納豆?! テンペ!」
に引き続き、本日は、インドネシアのスイーツについてお話しさせていただきます。

 

まずは、お祝い事など特別な場面でよく出される伝統的なスイーツです。

インドネシアの伝統的な食べ物とお菓子

特別な場面では、このようにいろいろな種類のスイーツや食べ物がバナナの皮のしかれた大きな入れ物に盛りつけられ、お客さんに出します。

 

こちらは、昔、王様が食べていたスイーツらしいです。

昔、王様が食べていたらしいスイーツ

 名前をよく覚えていないのが悔しいです…。
すみません。

 

こちらも名前を忘れてしまったスイーツ…。

コーヒーとパンのようなスイーツ

 美味しかったです。

 

続いて、庶民的なスイーツです。

Bakpia(バッピア)の入った箱

 Bakpia(バッピア)というお茶菓子で、日本の "もみじ饅頭" の、小豆のあんこの代わりに緑の豆のあんこが入っている感じです。

通常、小麦粉とインゲン豆と砂糖で作られますが、チョコレートが入ったものやチーズが入ったものも売られています。

 

こちらは、ホームステイをさせていただいた時に、ホストマザーが作ってくれたスイーツです。

ブブル カチャン ヒジャウ:緑豆のぜんざい

 第一印象は、おしるこインドネシアバージョン
・小豆→緑豆
・もち→パン
と変更されたおしるこ、といった感じです。
Bakpiaもそうですが、
"日本のあんこ入りスイーツを小豆でなく緑豆でつくったらインドネシアのスイーツになるのでは…"
と感じたのを覚えています。

インドネシア語で、"ブブル カチャン ヒジャウ" といい、"緑豆のぜんざい" と訳されることもあるそうです。

私は、おしるこが大好きなので、この、ブブル カチャン ヒジャウも一口で大好きになりました。

そういえば、最近ココナッツミルクを手に入れたので、作ってみようかな…。

 

 

 

 

Dejar un comentario

Por favor tenga en cuenta que los comentarios deben ser aprobados antes de ser publicados

Español es