インドネシアの納豆?! テンペ!

6/27に控えた「世界の料理教室&世界の料理パーティー ~インドネシアのキッチンから~」

その事前学習ということで、昨日のブログからインドネシアについてお話ししています。昨日は、インドネシアのフルーツと変わったフルーツについてお話させていただきました。

そして、本日のテーマは・・・・「テンペ」です!

皆さん、「テンペ」ってご存じでしょうか?

テンペと厚揚げの写真

 こちら、私がインドネシアで食べさせていただいたテンペです。(写真右側)

実際には、毎食のようにテンペが形を変えて出てきていたので、これは、その中のひとつです。

大豆を発酵させたものなので、簡単に言うと "納豆のインドネシア版(?)" なのですが、納豆のようなにおいはしません
私は、納豆が大好きなので、納豆が臭いと思ってことはないのですが、納豆が臭いとしたら、テンペはその納豆のような臭さはないという感じです。

テンペについて書いてあるサイトを見つけたので、引用させていただきます。

 テンペとは、大豆にテンペ菌をつけて発酵させた、インドネシアの伝統的な発酵食品です。テンペ菌はバナナやハイビスカスの葉に付着しているクモノスカビの一種。茹でた大豆をバナナの葉に包むとバナナの葉にあるテンペ菌の働きで発酵が進み、テンペが出来上がります。
(引用:発酵美食「世界の発酵食品探訪 まるで納豆?お肉の代わりにも?インドネシア発祥の「テンペ」は使い勝手抜群のスーパーフード!」

 

このサイトにも書いてあるように、「テンペ」は大豆から作られるので、宗教上お肉を食べない方が多いインドネシアでは、貴重なたんぱく源としても重要です。また、近年世界的に増えているベジタリアンの方からも注目を浴びているスーパーフードだそうです。

テンペ

先ほども、少しお話しさせていただいたのですが、私がインドネシアに滞在していた約2週間ほぼ毎日テンペを食べていた、と言っても過言でないくらいインドネシアのご飯によく登場する食べ物です。
毎日、と言っても、毎日同じように出てくるわけではなくて、大きい形だったり、細かく切られていたり、また、野菜と一緒に炒められていたり、衣をつけて揚げられていたり、とアレンジも自由自在です。

そして、これが本当に美味しいんです。

日本で、なかなか手に入らないのが残念なのですが、またどこかで見かけたら買いたいな、と思っています。

 

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

English en