【7/22ナッツの日記念】ナッツの世界 Part3

日本ナッツ協会によると、7/22は「ナッツの日」だそうです。
そこで、ナッツが大好きな私は、World Resortのブログでナッツ記念祭を開催し、ナッツについての知識をさらに深めよう!と企画しています。

今回は、その3回目。

 

目次
1.ナッツとは?(Part1)
2.ピーナッツはナッツじゃない(Part1)
3.ナッツの種類、特徴(Part 2)(Part 3)(Part4)
4.ナッツを使った料理(Part5~Part8)

 

2.ナッツの種類、特徴

 前回は、アーモンドマカデミアナッツについてお話ししました。
今回は、世界三大ナッツのひとつカシューナッツと、ナッツの女王ピスタチオについてです。

 

2-3. カシューナッツ

カシューナッツの原産地はブラジルですが、ポルトガル人によってインドに伝えられ、現在では、インドがその生産量NO1を誇っています。
そういえば、昨年インディアンパーティーで作ってくれたインドのデザート、「キール:kheer」にも大量のカシューナッツを使ったのを覚えています。インドではたくさんとれるから、あんなに贅沢に使うんですね。

力シューナッツに含まれる栄養素は、アーモンドに似て脂質の約60%がオレイン酸です。しかし、アーモンドと比べてタンパク質と糖質が多く、ビタミンB1やマグネシウム、鉄、亜鉛、銅などのミネラル類も豊富であることが特徴です。
糖質が多いためか歯触りが柔らかく、ソフトな甘さを感じさせるので食べ易く、おやつやおつまみとしてだけでなく、中華料理などのお料理にも使われて、お料理の食感を引き立てています。

 ボウルに盛られたカシューナッツ

2-4. ピスタチオ

ピスタチオは、地中海沿岸のトルコやペルシャ、中東のアフガニスタンやイランあたりが原産地といわれており、大昔から食べられていたナッツです。
最近は日本でもクッキーやアイスクリームなどによく用いられるようになってきており、鮮やかな緑色の印象を持っている方も多いのではないでしょうか?

ナッツの特徴づける脂質については、オレイン酸、リノール酸の不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、飽和脂肪酸はほとんど含まれていません。
また、冒頭でも少しふれたように、ピスタチオは「ナッツの女王」とも呼ばれていますが、その理由は、高級感あふれる風味もありますが、女性にとってうれしい栄養素が豊富であることもあげられます。例えば、食物繊維ビタミンB1力リウムが豊富です。

ちなみに、中身の小葉はクロロフィルを多く含む緑色が濃く鮮やかなものほど珍重されます。

 ピスタチオとピスタチオアイスクリーム

 さて、次回は、チョコレートと一緒によく食べられるヘーゼルナッツと、ミックスナッツなどでもよく口にすることの多いウォールナッツ(クルミ)、ケーキの上でおしゃれなピーカンついてです。
お楽しみに! 

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published