世界の油脂 ~ナッツオイル~ Part1

なんと「油脂」についての話題4記事目。

本当は3記事にする予定が、油脂について調べているうちに
「ナッツ系の油が多いなぁ。それも、"健康にいい" という内容のものが多いし、何か気になる!」
と、今日の記事を書くことにしました。

ということで、本日のテーマは「ナッツオイル」です。
(少し長くなりそうなのでPart1とPart2に分けてお話しします。)

 

目次
1.アーモンドオイル
2.ウォールナッツオイル
3.ヘーゼルナッツオイル(ここからPart2
4.マカダミアナッツオイル
5.ピスタチオオイル

 

1.アーモンドオイル

抗酸化作用のあるビタミンEが豊富で、アンチエイジングに効果がある、と話題のアーモンド。他のナッツ類と比べても最も身近なナッツではないでしょうか。

このビタミンEは、脂溶性ビタミンといってあぶらに溶けるビタミンで、アーモンドオイルは、まさに、そのビタミンEが溶けているオイルです。その他にも、ポリフェノールやカロチノイドなどの抗酸化作用をもつ物質も含まれています。
さらに、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸も豊富に含まれているため、血管や血液循環を正常に保つ効果もあります。

特徴は、くせがなくアーモンドの豊かな香りとまろやかな旨味
どんな料理やスイーツにも合い、パンに塗って焼くだけでも、豊かなアーモンドの香りを楽しむことができます。

アーモンドとアーモンドオイル

2.ウォールナッツオイル

 クルミオイルとも呼ばれます。くるみの殻を割って中の仁を搾って採られる油で、ナッツ類のなかでω3系脂肪酸を最も多く含むことで有名です。

ω3系脂肪酸といえば、青魚に多く含まれ動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血液に関連する疾患を予防する、といわれているDHAやEPAを思い浮かべる方も少ないと思います。
このウォールナッツオイルには、ω3系脂肪酸の中でもALA:α-リノレン酸が豊富に含まれ、これは、体内でDHAやEPAとなるもとになるともいわれています。

さらに、ビタミンミネラルくるみポリフェノールなど豊富な栄養素も摂取できます。クルミ本来の自然な甘みがあり、和食ともよく合うオイルです。

ウォールナッツとウォールナッツオイル

私は、ナッツ類が大好きでよく食べるのですが、実は、今回紹介しているどのオイルも使ったことがありません。このように調べているうちに、様々な健康効果や味わいを知り、とっても試してみたくてたまりません

さて、次回は「世界の油脂 ~ナッツオイル~ Part2」ということで、残りのヘーゼルナッツオイルマカダミアナッツオイルピスタチオオイルについてご紹介します!
お楽しみに!

 

参照
クックビズ総研 風味豊かな「ナッツオイル」で料理が格段にレベルアップ!
カリフォルニアクルミ協会 ナッツ類でダントツ1位!くるみのオメガ3脂肪酸含有量

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

日本語 ja