じゃがいも週間。

今週は、じゃがいも週間
毎日、じゃがいもを食べています

というのも、今週の月曜日に私の実家(静岡)からお父さんが掘った掘りたて新じゃが大量に届いたからです。

段ボール箱に入った大量のじゃがいも

男爵キタアカリが混じっています。
これでも、すでに50個ほど使った後です。

この50個を何に使ったかというと、

①Pomme Duchesse

ポムデュセスをお皿に盛ったもの

絞り気がなかったので、きれいな形ではありませんが…。

Pomme Duchesse(ポムデュセス)は、フランス料理です。
たまご味のクリーミーなマッシュポテト、という感じです。

②ジャーマンポテト

ジャーマンポテト

フランスの次は、ドイツです。
ウインナーがなかったので、(ないものだらけ…)魚肉ソーセージを使いました。
これが、好評で!とってもおいしかったです。

③じゃがいもとニンニクの・・・

じゃがいもとニンニクを炊飯器で調理したもの

特に名前はありません。

低温調理でマッシュポテトを作りたかったのですが、低温調理機がないので、(またないもの…)炊飯器の保温機能でほっとらかし

ニンニクもじゃがいももホクホクで、これも好評でした。

④Tortilla

トルティーヤ2枚

スペインのtortilla(トルティーヤ:日本では、スパニッシュオムレツというかもしれないです。)をスペイン人に作ってもらいました。

今回は、チーズ入りで!
これがとろけて、美味しかったです。

フランス → ドイツ → スペインとヨーロッパの国々のお料理が多いですが、やはり、ヨーロッパではポテトが良く食べられていますね。
(イギリス人のお友達は、よくチップス(フライドポテト)を恋しがっています)

 それに、これらの写真をベルギー人のお友達に見せていると、2つ目のジャーマンポテトは、「家にいるときによく作っていた」とのこと。
さらに、stoemp (ストゥンプ) というポテトを使ったベルギーのお料理を教えてくれました。

stoemp(ストゥンプ)

じゃがいもと人参を混ぜてマッシュにしたものですね。
お肉やお魚の付け合わせとして食べられることが多く、ほうれん草を入れることもあるそうです。

美味しそう・・・。

まだまだポテトがたくさんあるので、いろいろ作ってみたいと思います!

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

日本語 ja